星の話と茶の湯

あれがない
これがない
と、不満ばかりたれていてもいけないのですが

生まれてからずっと
星の見えない街で暮らしていることに
時々がっかりします

とは言っても
満天の星空で
星座を見つけ出せるほど
星をよく知っているわけでもないのです


少し前から
「スターチャート」というアプリを入れていて
これが、自分の見ている方角に
携帯をかざすと
そこに出ている(はず)の
星や星座が表示されるんですね
すごい
よほど明るい星は近所でも見えるので
そこにタッチすると
その星の名前や
何万光年遠くにあるのか
何等星の明るさなのか
など、教えてくれるんです

しかも
足元にかざすと南半球
地球の裏側にある星空まで
出てしまうという
遊び心があって気に入っています

私はまー、天邪鬼なので
天体。。。とまで言わなくても
星空観測くらいは趣味にしたいなぁ
と、思っていた矢先に
「宙女」と、いう分類言葉が出来て
なんだか「なーんだ」とか思って
友達との話題に星の事があがっても
「ふーん」とか言って、言わない人なんですが 笑
ひっそり晴れた夜は
携帯を空にかざして遊んでいます

歴女とかリケジョ(理系女)とか
女性をブームにのっけたいのはわかるけれど
あまり、言葉で区切らないでほしいと思います

似た趣味趣向を持つ人たちはいる
けれど、同じ服を着て同じ道具を持って同じ場所に通うわけじゃない

荒く広く分けることはあっても
細かく言葉で区切られると
窮屈でつまらない

と、そんな分類言葉に窮屈さを感じる
自分もまた、つまらないのかもしれないけれど!

などなど

人に迷惑をかけない趣味で
日々を少しだけ豊かに過ごしたいものです


*

今私が勤務している図書館は
仁徳天皇陵のある大きな公園の中にあるのですが
ここは千利休ゆかりの町
と、いう事で
週末は「大茶会」という催しがありました

公園内には日本庭園もあるのですが
そこだけでなく
かなり広範囲にわたり茶会用テントや番傘が設営されて
琴の音が響く園内は
和服姿の人たちで賑わっておりました
出張の人力車なども来ており
普段、太極拳の人たちや囲碁の会で
だらりとゆるやかな園内が
初めて見る渋さでした


お茶とお菓子をいただく
って、カフェでさらっとできる事ですが
作法にならい、意識して趣を感じるのは
きりっとします

器を愛でて、菓子に季節を見る

高校時代、茶道部の副部長でした 実は
大きな茶会は初釜くらいでしたが
17歳やそこらで、慣れない茶会に出席しても
足の運び方や、器の回し方(笑)、菓子の食べ方
それらに気を取られて、緊張で味も感想もない状態です
今思うと、まあ勿体無い

いつか機会があれば
今度は一服を愉しむことができる気がします

週末の催しはまた、仕事合間の休憩で
急いで会場を歩くだけで終わってしまいました

そんな先日の話



独り身である身軽さもありますが
最近、歳をおうごとに
興味があちらこちらへ飛んで行きたがります
それら、すべてをするには
足りないものもあるけれど
できることも あるのです
その事が愉しくも、時々途方に暮れて

けれど、何かをやってみたい と
その気持ちが
単調な毎日を明るくする気がします
[PR]

by lupuss | 2012-10-23 17:57

ステイション

e0211318_10553584.jpg

先日、長く大きな改修工事が進んでいた
梅田駅を見に行ってきました

大阪市の北にあり
大阪に住んでいる人たちは
大体この梅田駅から京都や神戸へ乗り換えていく
そんな場所です

駅直結の複合ビルには
それまで
周辺に程よくバラけていたセレクトショップなどが
移転しまくって集結していて
便利になったけれど
本当、そこだけで用事が済むようになりそう

そんなホットな梅田でまったりお昼を食べてきたり
e0211318_10571556.jpg

柚子胡椒のポークソテー
友達の生ハムのクリームグラタンパスタも
すごく美味しそう(実際美味しかった)だったけど

柚子胡椒、いいですね
家にも欲しいなぁ
美味しかった
e0211318_1057266.jpg

ここはドリンクバーとパンが食べ放題のカフェで

ドリンクもフレッシュジュースの種類が豊富で
コーヒーや紅茶もマメに淹れ直したものを
ピッチャーで置いてくれていて
美味しかったです

そしてパン!!!
種類豊富で食事パンだけでなく
ちょっと変わった甘いパンたちが
一口サイズでぼんぼんカゴに乗っていて
本当は、全部食べたかった。。。

あー
いいお店だったなぁ



*

相変わらず玄米食生活なんですが
美味しいのだけれど、毎日食べていると
無性に菓子パンが食べたくなります 笑

帰りにコンビニで買い食いしながら歩いていたり
行儀悪けれど、そういうのもささやかな楽しみです


涼しくなったので、果物も美味しい
最近は毎朝巨峰ばかり食べています



美味しいとか
目に映るものがキレイとか
感覚が目を覚ましていく様は
寒さに呼応していて

間もなくやってくる
冬を
もう気持ちのどこかは
早く早くと
待ちわびているのを感じます


生まれ月が冬だからか
子供の時から寒い季節が大好きで
その気持ちは今も変わらず

「長い冬」というけれど
その通り冬は
静かに潜って深く眠るようなイメージなのに
感覚は冴えて、まるで目が覚めていくようなのです
個人的には

夏こそ暑すぎて
眠ってられない!気もするんですが


*

先日、友人の誕生日お祝いを選びに
石鹸屋さんをはしごしました
自分の買い物はお店が決まっているので
いろいろ覗けてとても楽しかった

結局LUSHの冬季限定バスボムを数種詰め合わせたのですが
接客してくれた方がクマみたいな男性でびっくり
でも、気さくで繊細?で
よい買い物が出来ました
自分用にリップも買ったんですが
「オススメなんですが、流石に僕は使ってないので 愛用してるスタッフ呼んできますね」
と、いうのが
微笑ましかったです

スキンケアのショップで男性が働いているのって
新鮮でいいですね
[PR]

by lupuss | 2012-10-15 12:58 | 昨日の話

雨の日のいろいろ

e0211318_152940100.jpg

お久しぶりです
もう10月半ば
なんてこと!!

今年の夏は慣れない屋外での仕事に
へとへとになってしまって
日差しと厚さの疲れが抜けなく
夜、少し自分の用事を済ませようと
机に向かうも、気づくと座ったまま寝てたり
湯船に浸かったまま寝てたり

とにかく、体力の無さを痛感しました


不意打ちのように降り出す
強い雨にも気を揉みました

でも
印象に残ったのは
「嫌だな、大変だったな」
よりも
虹に遭遇する回数の多さに
ただ言葉を失って
空を見上げた
なんとも言えない
静かな興奮です

きっと本当は
天候条件によっては
雨の後に、虹がかかっていた事など
今まで私がいた場所でもあったのでしょうが
これはきっと
外で働いた事で見れたこともあったはず

って、事にしておきます

画像一枚目は、台風が大阪接近していた或る日
帰り道に落ちていた
まだ若い銀杏の葉を何となく撮ったもの
e0211318_15392836.jpg

二枚目は家の玄関口で、帰宅時に見た虹
後ろが晴天であれば完璧だったのだけれどな

この歳になるまで知らなかったのですが
虹って、必ず二重にかかっているのだそうで
知らず、「最近虹が二重になってるな」
と、ぼんやり見ていたました

二本の虹は
色の配列が真逆になるのだそうですね

ああ色彩検定来月なのに
今年も受けなかった

でも、まだまだ
諦めてない
1級取るんだから!!


*

ここ数週間ほどで
自転車から転げ落ちて顔を怪我したり
どうしても休めない出勤日に限り発熱したり
健康に一抹の不安を感じるのですが

涼しくなった分
気持ちには少し余裕が出来てきて
すごくすごく久しぶりに
休日に友人に会う約束で出かけたり
買い物してきたり

それって、普通のことなのですが
それすら出来なかった
ちょっと苦い夏が
去ったことにほっとします


さて
何をしよう
[PR]

by lupuss | 2012-10-12 10:00 | 昨日の話