<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ツアーオブジャパン

e0211318_21511339.jpg

ツアーオブジャパンが開催されていました
少しだけ観戦

今日の大阪が1stステージで
最後は東京
大きな大会です

初めて間近で自転車レースを観たけど
すんごい速い
時速40キロくらいらしいです
2.6キロを10周で、速い選手は25分だとか

選手の皆さんの爽やかもともかく
自転車が恰好良かった
いい機会でした

目の前を通過するときの
ギャラリーの精一杯の応援や歓声が
ワクワクして
スポーツのイベントって
こんな感じなんだって
初めて知りました
TVで観るのと本当違うんだな


最近毎日が短くて
曜日の感覚が何処かに失せていて
焦ります

帰ってからやっておきたい事も
誰かに会う予定も
延ばし延ばし
いかんなーと思いつつ

今一番したいのは
たっぷり時間をとって
一人で音楽に浸かりたい

昔は、「忙しい」と
口にする人が嫌いでした
それはあなただけじゃない
って、すぐ思ってたくせに
嫌いな人間になってるなー

だからこそ
愉しみ方が大事!
ってことかな
[PR]

by lupuss | 2012-05-20 21:26 | 今日の話

思い出の彩度

e0211318_13575764.jpg

facebookにあげる自分の画像が本当なくて
今日はバックアップで置いてた画像の整理をひたすらしてます

これ、一昨年かな
江ノ島で抹茶をいただいてた時のやつ
なんということ
足開きすぎだわ

どこかに行った時の写真は
見返すと、その時のワクワク感を思い出したり

自分で黙々と写真を撮りに出た時のものは
当時、どうしてそのポイントで、そのアングルで
モノによっては、露出をすごく考えたことまで思い出したり

不思議ですね
その時の記憶の彩度は
思いのほか、自分の中に残っている

テキストも、ものによってはそうですよね

いただいた手紙からは
筆跡や文節から、相手の方に思いを馳せたり
想像したり

人の発する物事
記録たちが
私を動かしてくれて
感情が揺れれば
豊かになる糧になる

勿論、逆もあるわけですが

淡々と過ごしていたいけれど
心が動く静かな興奮を
いつでも抱えていたいものです


*

昨日は珍しく弟が母を誘って
一日京都観光してたらしく

常々、京都には運転手付き(!)で
回りたいのにな
と、弟にちらちら話すんですが
休みが合わなすぎて叶わず

生活圏外に出かけた時思うのは
その街にある、あるいは暮らす人たちは
観光スポットだけに素敵なものを集めているわけではなく
移動中にあちこちに、本当は立ち止まって
ゆっくり観たい、触れたいものがあるのにって事
過ぎてしまうには勿体無いことが溢れていて
全部、全部 見てみたい


*

最近、具合悪いな
風邪っぽいなー
と、思っていたら
またしても気管支炎
病院に行けば、すぐ治るけれど
本当は
そうならないように過ごしたいものです
[PR]

by lupuss | 2012-05-14 13:50 | いつかの話

こどものほん

移動図書館で働くようになって
ちょっと驚いたのは
絵本や児童書というものは
ボロボロでも、古い出版年でも
人気のあるものが変わらない
と、いう事

私たちは書店や雑誌
そしてインターネットで
新刊や話題書の情報を得るので
実際車に積んでいない本でも
ウェブから予約をかけたりして
本を選ぶこともするわけですが

私が生まれるよりも昔に
出版された絵本が
今も小さな子達に読まれている

それは、単純に
素敵な本だということだなと

小さな子にとっては
出版年とか話題性とか
作者だとか関係ないので
目で見て、手で触って
気に入ったものが読みたいもの

とてもシンプルで
まっすぐな気持ちで
本を選べることが
うまく言えないけれど
なんだか羨ましく思えて

「あー、大人って 本当情報過多なんだな」
なんて思いました

これは、この仕事に就いて
知ることができて嬉しかった事です


*

先日スマートフォンにしましたが
確かに、「文字が軽く滑る」というのが
わかった気がします
無性に手紙が書きたくなりました

携帯電話とは、個人と連絡を取りやすくする
便利ツールなのですが
業務にもメールが使われるようになると
繋がってる と、いうより
縛られてる気がして
休みの日には電話を置いて出かけたくなる時があります
[PR]

by lupuss | 2012-05-09 18:02 | 昨日の話

徒然

大型連休も終わってしまいました
最後の一日、大阪は午前は
地響きがするほどの雷雨になり
午後は呆気にとられる程の快晴

一日の間に
こんなに顔色を変えてしまう天気に
翻弄されて、何だか嘘みたい
そんなことを思いながら終わったのでした

この連休に
もう別れて久しい
前の彼氏に
預けっぱなしだった
私の荷物を
やっと送ってもらって
荷を解いたときに
その人の部屋の匂いが
私を少し憂鬱にさせていて
夜の部屋で呆然としたり

当時、随分悲しんだことを
その自分の弱さが情けなくて
思い出さないようにしながら
ずっと過ごしていて
その事から
荷物の事を延ばし延ばしにしてしまって
「今更」になると
当時、想いを寄せたことが
楽しかったことばかり
記憶の奥から蘇ったこと
でも、それすらうっすらで

ああ
もう、すっかり
過ぎたこととなったなぁ

なんて!

ただ、本人と連絡のやりとりをする事が
変に気を遣ってしまうので
それが憂鬱でした

衣類は、すぐに
洗濯機でガンガンまわして
干してしまうと
「あー、私の持ち物に戻ったな!」
と、やっと全部がすっきりした気分

当時はお互いに
余裕も時間もなくて
それすら言えない険悪さに
目を閉じてしまったけれど

時間が手伝ったのだろう

数年前の今の季節が
穏やかで、お互い穏やかな気持ちだったと
少しだけ、思い出すと懐かしいと
その言葉に
胸の奥につかえていた暗い気持ちが
やっと私の中から抜けていって
単純に嬉しかった
私の吐いてしまった
心無い言葉も
もう、きっと
本当に時間の中に埋もれていくのだろう

いつか、ただの出来事として
思い返すことがあったとしても
もう、心が震える事はないと思う

そして
また、日々のどこかで
もっと、人を大切にできる
人から大切にされる自分になって
大事に思える人に
特別な気持ちが生まれたらいいなぁ


願うばかりです


それはきっと
幸せなことだ

今、クタクタになりながら
働けていることにも
関係してる

改めて、日々を愛おしく感じました
特別素晴らしいとか
そんななんじゃない
平凡で当たり前な毎日なんですけどね


でもきっと
それが大事なことなんだわ


*

やっと、携帯をi phoneに変えました
多分、大丈夫だけど
常に携帯をいじくっている人種にはならないように
使いこなせなくていいから
少しだけ便利に付き合っていきたいものです


五月に入ってからは、ずっと連勤だったので
待ちわびた休みは
たっぷり眠って、部屋を片付けて
そして
衣替えをしようと思います
[PR]

by lupuss | 2012-05-06 23:43 | 昨日の話