先のことはわからないと言う

バタバタとしているうちに
四月は流れていって

日々、青くなっていく木々から
夏を思いながら過ごしています

仕事が野外のことが多く
レインコートとか
レインブーツとか
日除の帽子とか
慌ててばばーっと購入しました
欲しいものではないのに
出費がかさむんだので
ちょっとテンション下がっていたり
でも焼けるのは嫌だ


*

お花見は京都の龍安寺に行ってきました
久しぶりにプライベートで京都に行ったのですが
行くたびに
せっかく関西に住んでいるのだから
もっと京都をまわりたいな
と、思いました

最近京都駅の近くに
大きな水族館が出来たので
一緒に行った友達と
今度はそっちへ行こうと話したり

京都はバスが複雑なイメージです
私鉄会社とJRのバスが
所々バス停を共有しているので
ふらっと乗ってしまうと
全然違う場所に行ってしまうという!
そのパターンで
帰りは三条に向かうつもりが
京都駅に行ってしまいました

でも、それすら楽しい京都観光


*

現実逃避ではなく
ぼんやりと引越しの事を考えていて
(それは昔から私の中にあったことだけれど)

色々なことがあったけど
もう、私は大丈夫なのだな

最近自覚し始めたことで
もう「どこかへ行けない理由」は
ほとんど無くなってしまった

とりあえず今の会社との契約が終わるまでは
大阪にいるわけですが

とりあえずは来年を目処に
考えを詰めて行きたいと思います
[PR]

by lupuss | 2012-04-23 19:28 | 今日の話

桜前線

丁度昨日の夜あたりから
花が咲き始めていて
ぼんやり花見の予定について考えていました

短期のコールセンターは
最終日まで五分と立たず
電話が鳴り続けていて
喉がカラカラになって
自分の声が時間を吸って
重くなっていくような気がしました
口が開かなくなるというか

口がきちんと開かないと
滑舌が悪くなることに
口も筋肉で動いてるんだったなぁ
と、改めて思う

帰りの電車では
疲れたなぁ感がまとわりついていて
でも
「明日から行かなくていいんだ!!」
と、ものすごい安堵感を得たのでした


でもって
今日からまた新しい職場
忙しないのですが
一段落して
気持ちが休まるまでは
少し時間がかかるのでしょう

勤務先の図書館は
それなりに広いのですが
かなり築年数が経っていて
バックヤードは「図書館」と、いうより
「山の家」みたいでした(しかもボロい)
傾斜の上に立っているので
私の使う事務室は
一階なのに、表示は地下一階

通路や階段もまだ迷路のように感じます

生まれて初めて見た
移動図書館バスは
キャンピングカーに
無理やり本を詰め込んだような箱で
実際利用する人とセットで見ないと
ぴんと来ない気がします

月に数日、私一人だけの出勤があり
のびのび事務仕事をしながら
あまる時間は適当に過ごしてくださいと言われました
最初は余裕ないでしょうが

ただ、かなり大きな公園の中にあり
気温が良く、天気もよければ
散歩に飽きることはなさそう

私以外の方は
勤続4年以上の人ばかりで
経験も浅く、移動図書館を初めて見る自分が
主任と書かれた名札を下げていることに
居心地がよくはなく

「なんでこうなった」
と、思わずにはいられません

でも、やらなくては

職場はのんびりしているという話ですが
車のことなので
事故などあった場合のこと
目的地に近くなると
うぐいす嬢のように、アナウンスしながら
利用者に知らせなくてはならないこと

うーわー
できるかな

と、いう要素はたくさん

体調は崩さないように
気をつけないとな

3月とはまた違う
緊張は続きそうです
[PR]

by lupuss | 2012-04-02 00:08 | 明日の話