夢みていたい

出勤したら、職場の男の子のシャツから覗く首元に目が行く

すっと赤く少し血が出ていて
びっくり
「どうしたの?」
狼に追いかけられる夢をみて
苦しくて無意識に掻き毟ってしまったそう

追いかけられる夢を見ると結構やってるみたいなんですよね
って、他人事みたいに
眠っている間って、無意識な状態に近いわけだから
自分の事なのに、自分でわからない
当たり前だけれど、不思議と思う
でも、人間は人生の約三分の一は眠って過ごすわけで
(って、これ すごい昔にも書いたかな)

一日八時間眠って、90歳まで生きるより
60歳まで起き続けて、30年眠りながら死ぬほうがいい
みたいな、歌があったような。。。


私はだいたい毎日夢を見ていて
多分忙しい日が続くと
身体は、眠りが浅い分疲れが抜けにくい
のだろうけれど
しっかりとした内容の(起承転結があるとか)夢を見ると
実際の睡眠時間より、多く眠っていた感覚になることがあります

あれだな
夢の中での時間経過とかの感覚を、起き抜けはおぼろげに引きずるからかな
「数日間を過ごして来ました」の、はずが
五時間くらいの睡眠の中の、そのまたごくわずかな時間の夢の中という


子供の頃から眠っている間の「夢」がわりと好きでした
妄想力たくましい幼少の頃のほうが
もっと大胆に知らない世界再現してた気がします

「ああ せっかく楽しかったのに」
起きて夢だと知ると、がっかりすることがしばしば

でも、今でも
何かとても大切な人や場所(実際は知人でも、知っている場所でもない)から
ふと目が覚めてしまったとき
私の一部を切り離してしまったような
不思議な気持ちになります
懐かしい場所を惜しみながら去るような
後ろ髪惹かれるような、そんな感覚です

そして、多分
二度と会えない人(場所)なんだ
と、思ってしまうと
どうしようもなく悲しくて
途方に暮れてしまう朝
そんな事は、今もたまにあります


*昔見た夢の話

とても古く大きな館に
無数の扉があって
その部屋には一人ずつ「眠っている間の人」がいるのですが
夢を食べに来る、緑色の貪欲で醜悪な怪物がいて
それが扉を破って、人の夢を喰わないように
夜の館の守人がいるんですね
その人はひたすら夜にだけ存在していて
知らない人の夢を守っているわけです
ただ淡々と淡々と
夢を喰われた人は現実で目覚める事ができなくなります

私は眠っているけれど
扉の向こうで
怪物の床を這う音に怯え
守人の静かな足音に安堵する
その人と言葉を交わしてみたい
顔を、見てみたい

そういった世界の夢でした



特にオチのある話ではないんですが
その館の密やかで厳かで、しんとした雰囲気は
今でもはっきり憶えていて
時々思い出します

好くも悪くも
夢の中というのは
自分の想像や認識を超えたものを
見せてくれる瞬間があるので
私は
夢のない眠りよりも
夢みていたい

そう思い続けています

物語をぼんやり「見ている」感じで
感情や感想が起こるわけですよね

起きている間は
悠長に「真面目に夢の内容」
なんて
話すこともないですけれど
[PR]

by lupuss | 2012-01-27 23:36 | 明日の話

お風呂のローマのやつ

少し前から職場で
テルマエ・ロマエが流行っていて
先々週からのノイタミナで観たら
私もはまりました!!
阿部寛しかルシウスになれないよ!!!

絶対映画観にいこう

大好きなチャットモンチーが
わざわざ曲を書き下ろしてるのも
彼女たちの遊び心を感じて
よけいはまります
切実な歌声が素敵

昨日辺りにようやく
ちゃんとタイトル言えるようになりました。。
ずっともにょもにょしたイメージになってて
「あのお風呂のローマのやつ」
と、知人に話してました
[PR]

by lupuss | 2012-01-26 22:35 | 今日の話

忘れ雪

大阪は一瞬ぶわっと雪が降りました
休憩中に外に出ると
もうそれは埃のような弱さになっていて
本当に雪の降らない土地だなぁ
なんて

積雪で苦労されている土地に住む方からしたら
「なに言ってんの」
と、思われてしまうかもしれませんが

冬も雪も
愛おしいものです


*

仕事をする
生活する
現実的である

とは、必然でなくてなならない

そんな事は
当たり前なのだけれど

しばらくぶりにブログを
こうして更新し出すと
言葉を考える大事さを思い出しました
と、いうか
それを大事に思いたかった自分を思い出した
みたいな

最近どうして写真を撮らないのか
と、改めて考えていたら
そもそもどうして写真を撮り出したのか
まで遡ってしまって

つまりは
ブログを始めた事と
別室にアップしている書き物の
補足的に画像を添えたいと思ったからだったのでした
webで短い文章を見るのって
あまりに抽象的かなぁ
とか考えていたんだな 昔の私


文章を書きたいなぁと
つくづく思います

何をしていても
頭の隅にその事があるだけで
見ているもの、聞こえるものへの
感じ方が違っていた気がする
特別変わったことをしていなくても
特別な場所へ行かなくても
感覚と言葉がもっと密だったのに

随分退屈な日々を送ってしまったのだな
自分的に


家の扉を出たときの
日差しや温度にさえ
言葉にならない何かを感じた事
感情の琴線がふるえるゆるい予感

今日の夕方に
瞬きをするわずかな間に見えた
陽光の紅さを
いつかどこかで言葉に変えたい
そう思ったのでした


お昼何食べに行こうかなー
も、いいけれど
毎日そんなカレンダーみたいに
過ごしたくないな
[PR]

by lupuss | 2012-01-26 22:16 | 今日の話

おでんの揚げパン

e0211318_1864419.jpg

photobackで一冊まとめようとしている作業の途中で
PCが故障してしまい、フォトショが使えなくなり
作業中のデータを二年くらいひらすら更新し続けています
買い替えではなく、修理するつもりなんですが(OSの問題があるから)
同じ金額で新しいものを買うのと
望んでいるとはいえ古いものが直って返ってくるのと
嬉しさが微妙に違う気がします
切ないなぁ

電化製品が故障したときの絶望感ときたら!
自分で直せたらいいのになー
と、出来もしない事だけど考えてしまいます。。。


*

週末は職場の人とおでんを食べに行きました
こう、なんというか
少し郊外の住宅地にぽつんとある、まぼろしのようなお店でした
三階建ての家の二階部分までが店 みたいな
カウンターや個室にいると「お店にいる」感じだけれど
廊下やトイレは「新築の知り合いの家に来た」って感じで
面白いお店でした

おでんのタネも変わったものが多くて
漉したじゃがいもにバターを包んだ団子や
素揚げした食パンを出汁にひたした揚げパンや
たまごの入った巾着とか
栗焼酎までありました

三人で行ったんですが、おでんを一つしか頼まないと
店主の方の配慮で(分けられるものは)三つに切り分けて出してくれました
いいお店だったし、全部のお料理が美味しかった!!
寒い内にまた行きたいなー
[PR]

by lupuss | 2012-01-24 18:34 | 昨日の話

美味しいものと新しい街の話

e0211318_23414271.jpg

先日、友達と阿倍野CUSE MOLEに行ってきました
結構前に出来て随分TVでは観てたんですが
実際行ってみると、もう駅の改札から
別のどこかになっていて 迷いました。。。

阿倍野の都市開発は、何十年も前から
「滞っている」が大阪の定説のようなものだったのに
ようやくちゃんと動き出したのだなぁ
と、なんだかしみじみ
位置的には大阪市の南部になり
府外から来る方にはあまり馴染みのない場所で
買い物をするには、年齢的に若い人(高校生とか)が多く
縁が無い場所なんですが

やー
でも
綺麗なショッピングモールって圧倒されます
すごいな

で、ショコラマロンモンブラン
画像でかいな

e0211318_23421758.jpg

これは、友達がこの日お料理教室で作ったパン
すごいー!これ売ってるヤツだよ!!
中にソーセージとキャベツがはさんであって
美味しかったです


*

職場はセンター試験の都合で
この間連休になってたんですが
今年は試験方式が変わったことで
色々な問題が勃発しました
直接センター試験とは関係ない仕事ながら
通う大学での問題がニュースで出たりしないかと
少し肝を冷やしたのでした

去年は回答流出のネット問題もあった事だし
色々な学生さんにとって
努力の成果を発揮する入試試験
双方にとってフェアであって欲しいと
願うばかりです


*

今、結構まじめにダイエットしています
去年の冬の入院中に
10キロくらい体重が増えてしまって
持っているズボンが全部入らない自体になってしまいました
なんてことでしょう。。。

でも、昔と違って
体重がなかなか落ちない辺りに年齢を感じます
これ、ちょっと個人的には深刻
春に向けて仕事も探さなくてはなのに
スーツのパンツが入らないよ!!!


来月のアジカン、チケット
何とか先行取れました
ライブは久しぶりなので楽しみ
[PR]

by lupuss | 2012-01-17 23:42 | 昨日の話

駆け抜けていて

e0211318_17241358.jpg

最近、写真は撮っていません

これは随分前のもの

ワタシは「撮り鉄」ではないんですが
鉄道写真に憧れがあります。。。
流し撮り、いつかやりたいわぁ
山口でね


この頃は、本屋で新しく小説を買うことがなくて
と、いうのも

新しい作家さんを開拓するときに
本屋大賞を目安にしているんですが
最近、あまり面白いと思うものが少ない
レビューを読んで買っても
なんというか、ライトノベルのような読感を覚えるものが多く
肩透かしをくらうのです
ライトノベルのコーナーに並んでいるものは
すでに一つのジャンルとして確立しているので
読むときの心構えも、「ライトノベル来いー」となるのですが

一般小説の新刊コーナーで、ハードカバーで(結構高いよ)
一日くらいでさらっと読めてしまうものは
ちょっとがっかりしたりします


図書館に勤めている今のうち
好きになりそうな作家にたくさん巡り会えるよう
借りられる手軽さも手伝って、普段手にしないものも借りるようにしています

本屋で買って、最近心底面白かったのは
百田尚樹さんの「永遠の0」
号泣しました

今年は、好きになる本や音楽にも
たくさん出会いたい一年です

きっと
好きなものを見つけると
自分も動きたくなる
(何処かへ行きたいとか、見たい、とか 写真を撮りたいとか)
きっかけが増えるんだと思います

創る人たちの「発信」を
受け止められる人でありたい
そんな最近です
[PR]

by lupuss | 2012-01-13 17:44 | いつかの話

ご無沙汰していました

お久し振りです
一年振り。。。?くらいでしょうか

自分がブログ書いていた事すら忘れそうな期間でしたが
本当はどこかで「あー、ブログ書きたいなぁ」
と、思っていたりして

ブログを更新していた時の自分は知っていたはずの事
「他愛ない事だけど、書いていたから覚えていた」
みたいなこと
書いてない。という事だけで
どんどん、するする流れて消えていってしまった事
忘れるくらいだから、本当他愛ないのだけれど
その中のいつくつかは勿体無い噺もあったような気がします

例えば、ちょっと込み入った変な夢とか
阿部公房のように記録していたい


*

お蔭様で体調好く
元気に暮らしています

今は大学の図書館に勤めていて
割と日々は淡々としています


丁度センター試験なんですね
俄かに忙しいです

もう五年以上前に大学図書館に勤めていた時と比べると
図書館のサービス自体が随分変わっていること
カウンターのレファレンス自体の多くは
委託業者へ任されること
司書というのが公務員であった事は、もう少し前の時代の事になっている事
など、実感します

学生であった頃は、遠い昔となった今
大学で働くというのは、愉しいものです
現役で、勉学に励む学生さんを見ているのは
なんだか、清清しいのです

触れただけで壊れてしまいそうな
時間を刻んだ本
書き込まれた落書き。。。
古い本の、紙やインクの匂い
それらは愛おしいものたちです

いい事だけを書くと、こんな感じ 笑


そんな毎日です


それでも、もうすぐ春なので
委託業者と大学との契約が切れるので
次の春からは、別の職場を見つけることも視野に入れながら
過ごしています
あー、世知辛いなぁ


来週には誕生日
32になります
なりたくないけど

初めてブログを書いた日
自分が何歳だったのかも
もう思い出せないな


もう、此処を覗いてくださる方がいるかどうかわかりませんが
ぼちぼち更新したいと思います
[PR]

by lupuss | 2012-01-13 16:46 | 今日の話