カテゴリ:いつかの話( 4 )

徒然日和

今、映画やっている事もあり
職場で「おおかみこどもの雨と雪」の
原作本を手にすることが多く

先日ざざざっと目を通したら
涙が止まらなくて

日常ではないけれど
ファンタジーにしては、現実的で
ただ美しい物語ではなく

いい話だなぁ
と、映画見に行きたくなりました
時間ないけど(あー またまた)

前作のサマーウォーズも
田舎の大家族のパワフルさ
豪快さ、温かさ、野蛮さ 笑
そういうものがテンポ良く表現されていて
でも、最後は泣いたのでした

何度でも観ていたい作品


*

いい歳なのだから
独りで時間を楽しむ方法を
自分なりにもっているつもりだけれど

それに割く時間さえない最近は
会いたい人たちの事ばかり思ってしまって

心が淋しいと言ってるよな
と、恥ずかしげもなく
ここで言ってしまいます

だって、淋しいもん


それでも
不満ばかり言って
じりじり時間を潰すのは
きっと後で後悔しちゃうから

11月には、先行で取れた
アジアンのライブを楽しみに
頑張るのです


本を扱う仕事のくせに
自分の言葉からどんどん離れる生活で

昔綴ったものを読み返す
目を閉じて、感覚を探っては
日々の刹那に
栞のように一言二言のメモを残していて

それを
昔のように
数珠みたく繋いで
また、言葉を作りたいのです

諦められないことって
やっぱりある

その事は
大丈夫、ちゃんと嬉しいこと
[PR]

by lupuss | 2012-08-25 21:40 | いつかの話

思い出の彩度

e0211318_13575764.jpg

facebookにあげる自分の画像が本当なくて
今日はバックアップで置いてた画像の整理をひたすらしてます

これ、一昨年かな
江ノ島で抹茶をいただいてた時のやつ
なんということ
足開きすぎだわ

どこかに行った時の写真は
見返すと、その時のワクワク感を思い出したり

自分で黙々と写真を撮りに出た時のものは
当時、どうしてそのポイントで、そのアングルで
モノによっては、露出をすごく考えたことまで思い出したり

不思議ですね
その時の記憶の彩度は
思いのほか、自分の中に残っている

テキストも、ものによってはそうですよね

いただいた手紙からは
筆跡や文節から、相手の方に思いを馳せたり
想像したり

人の発する物事
記録たちが
私を動かしてくれて
感情が揺れれば
豊かになる糧になる

勿論、逆もあるわけですが

淡々と過ごしていたいけれど
心が動く静かな興奮を
いつでも抱えていたいものです


*

昨日は珍しく弟が母を誘って
一日京都観光してたらしく

常々、京都には運転手付き(!)で
回りたいのにな
と、弟にちらちら話すんですが
休みが合わなすぎて叶わず

生活圏外に出かけた時思うのは
その街にある、あるいは暮らす人たちは
観光スポットだけに素敵なものを集めているわけではなく
移動中にあちこちに、本当は立ち止まって
ゆっくり観たい、触れたいものがあるのにって事
過ぎてしまうには勿体無いことが溢れていて
全部、全部 見てみたい


*

最近、具合悪いな
風邪っぽいなー
と、思っていたら
またしても気管支炎
病院に行けば、すぐ治るけれど
本当は
そうならないように過ごしたいものです
[PR]

by lupuss | 2012-05-14 13:50 | いつかの話

春風

e0211318_21513423.jpg

ずっと気になっていたBOTANICSのソープを買いました
チェコやタイの石鹸やアロマを扱うお店で
最近友人へのプレゼントに、ここの石鹸を贈っていたのですが
自分で使うの初めて
これはジンセンライスソープで
漢方系の人参とお米が入っている
肌の再生を促す効果があるやつです

年々、乾燥肌になってる気がします
やっぱりそれだけ歳を重ねておるのだなぁ

他にも、イチゴの粒やキュウイの粒
バナナスライスが入っているやつとか
見ているだけでも楽しいお店です

二ールズヤードも好きだけれど
BOTANICSも精油の香りが本当にいい!
お値段それなりですが

この日は、ちょっとだけ
南船場のDOORSを覗いて
薄手のジャケットコートも買いました
一週間前くらいに取り置きをお願いしていたら
その間にどんどんプライスダウンしていて
超お得に買ってしまいました
嬉しい

e0211318_2151497.jpg

これは、家へのお土産に買って帰ったバームクーヘン
ショーケースには値段しか書いていなくて
「これ、ください」と、指差すと
店員のお兄さんが
「くまさんですね」とか「ぶたさんですね」
とか、言ってくださるので
何だかこちらがちょっと恥ずかしい気持ちでした 笑
でも、それも楽しかったです


*

勤め先の大学の、春からの図書館業務委託先が決まったのですが
今いる会社は落札できなかったようで
大手に決まっていました
春からどうなるのかなぁ
は、最近の職場の人たちの話題の8割を占めています

また、仕事を変えないといけないのかもしれない
それは憂鬱でもあるのですが
あまり、めげないように
何とかなるさー と、いうより
何とかするさー ですかね


昨日、電車から勤務先の大学を見ていて
外で働いているときは
広い構内の蓮華畑や桜を愉しんでいた自分を思い出して
春から、勤務先や職種が変わってしまうとしても
また、こうやって
外から眺めている事を愉しめばいいんだよね

と、そっと自分に言ったのでした


先日も言葉のことを少し書きましたが
それは他の事にも色々当てはまるものがあって
要は「感性」なんですが

不満を言っても仕方が無いけれど
図書館に勤めている今は
すごく視野が狭くなりがちで
仕事が事務的すぎるからかなぁ

今日すごく寒くて風が強かったので
帰りにふと空を見上げたら
少し雨を降らせていた雲は
すっかり吹き飛んでいて
オリオン座がすごく綺麗な事に驚いて
ああ!最近プラネタリウムにも行ってないんだな
星を見るのだって、好きなことの一つだったじゃない
と、思い出しました

でも
今日思い出せてよかった
そうも思うのです


まだ早いと思っていたら
きっとすぐ、春はやってくる
仕事の事も考えて、決めなくてはいけないけど
取り戻したいものへの気持ちも
どんどんくっきり、はっきりさせていきたいものです
[PR]

by lupuss | 2012-02-01 22:51 | いつかの話

駆け抜けていて

e0211318_17241358.jpg

最近、写真は撮っていません

これは随分前のもの

ワタシは「撮り鉄」ではないんですが
鉄道写真に憧れがあります。。。
流し撮り、いつかやりたいわぁ
山口でね


この頃は、本屋で新しく小説を買うことがなくて
と、いうのも

新しい作家さんを開拓するときに
本屋大賞を目安にしているんですが
最近、あまり面白いと思うものが少ない
レビューを読んで買っても
なんというか、ライトノベルのような読感を覚えるものが多く
肩透かしをくらうのです
ライトノベルのコーナーに並んでいるものは
すでに一つのジャンルとして確立しているので
読むときの心構えも、「ライトノベル来いー」となるのですが

一般小説の新刊コーナーで、ハードカバーで(結構高いよ)
一日くらいでさらっと読めてしまうものは
ちょっとがっかりしたりします


図書館に勤めている今のうち
好きになりそうな作家にたくさん巡り会えるよう
借りられる手軽さも手伝って、普段手にしないものも借りるようにしています

本屋で買って、最近心底面白かったのは
百田尚樹さんの「永遠の0」
号泣しました

今年は、好きになる本や音楽にも
たくさん出会いたい一年です

きっと
好きなものを見つけると
自分も動きたくなる
(何処かへ行きたいとか、見たい、とか 写真を撮りたいとか)
きっかけが増えるんだと思います

創る人たちの「発信」を
受け止められる人でありたい
そんな最近です
[PR]

by lupuss | 2012-01-13 17:44 | いつかの話