眼鏡と時計

e0211318_239227.jpg

或る日の中之島
川の向こうに見えるは
大阪市庁舎
いい建物だよなぁ

この界隈は情感たっぷりの
レトロな建物が多く残されていて
大手の会社がそっくりそのまま使っていたりします


*

今日は春分の日だよね?
ってくらい肌寒い一日でした

久しぶりにメガネを新調しました
この頃は黒縁の大きなフレームのものが流行りですよね
店員さん曰く「アラレちゃんメガネ」
かける人を選ぶよなぁ

すんごい昔の町のお医者さんがかけていたような
可愛い小さな丸縁のメガネが
アイテムとしてはすごく可愛いのですが
まったく似合わない
っていうか、似合う人見てみたいです

ってな感じで
フォックスのカーキセルフレームに落ち着きました
出来上がりは二週間後
楽しみ
視力は実は裸眼でもそう支障無いんですが
メガネが好きです

そういえば、先日ベルトがはずれてしまった時計は
見事三分で復活!
したのですが
今度は文字盤の支軸があやうくて
針が進んだり戻ったり
「えっ?!」ってなります
なので、また預け中

先日世界遺産でスイスの時計職人の方たちが住む町を見て
屋根裏部屋のような作りの作業部屋で
自然光を射れながら、繊細な時計部品の削り出しから組立までを
続けている職人さんたちをみて
それは、誰もが知る高級ブランドのものだけれど
いつか、電池ではない時計を
ゆとりを持って購入したいと
ぼんやり思ったのでした

高いものだけがいいものとは思わないけれど
無理をして買っても色々具合が悪い
いつか自然とそれを手にする日が来るように
日々を過ごして、歳を重ねなくては

道具とは愛おしいものです
馴染めば馴染むほど更に

形あるものはいつか壊れてしまうけれど
手を入れて、少しでも長く手元に留めたい
抱えきれないほどはいらないから
自分の手から滑り落ちてしまわないくらいの
程よい数で

そんな事を考えていた春分の日


*

春から大学ではないけれど
ある公共図書館の方で統括いかがですか
と、いうお話をいただきました
今お世話になっている上司が
会社にかけあって下さってきている話だろうな
と、思うと
すごく嬉しかった

仕事の内容は変わるけれど
仕事量の幅は増える
とても良い機会かと思い
まずは後日担当に話をうかがう事になっていて

ぼんやり
春からの自分がいく場所が
決まりそうな気配

今更でもいいから
積んでいこうと

誰に言うでもないけれど
自分に言い聞かせているのでしょう
[PR]

by lupuss | 2012-03-20 21:52 | 今日の話