花待ち綴り

今の職場に来てから
日々がぐんぐん過ぎてしまって
まるで車で夜の高速を移動している時のように

そんな半年でした

ただ元気に職場に通えるありがたさを
当たり前に思い知って
なのに、それでも
「それだけでいいのか」と
胸の奥が鈍くぶれるような感覚

余裕が出来たら
いろいろやればいいよな
って、本当言い訳だったわ

固まり出すとやっかいだから
もっと外に目を向けないと

と、思い返して
過ごしています

視覚から
嗅覚から
聴覚から
入ってくる情報に
出来るだけ素直でいたいのです


華やかでなくても
ほんの少し色めいた生活を
切々と願う日々
(目論む?日々か)


私生活はそんな感じなんですが

職場の方はまだ春以降継続して働けるかわからず
落ち着かない日々です
それでも、もし駄目だった時のため
色々考えた結果、別の仕事に就くこともふまえ
書類を送ったり

たった一月先には
もう同じ人たちとは働けないのだな
と、思うと
少し悲しくなって
思った以上に人に気持ちを置いていたのだな
と、驚いたのでした

あまり私的な事を話したりする機会は少ないのですけどね

図書館に通ってくれる学生さん達にも
顔馴染みが出来てきて
彼らの中にも春からは社会へ出て行く人もいて
「一期一会」という言葉を噛み締めるこの頃


遅れて咲いた梅を見て
桜もなんだかんだで、じきなのだなぁ
と、しみじみと思い
変に淋しくなったりしないよう
早々に友達と
花見の算段を立てるのです


ちょっと頑張るぞー
と、来月入れてしまった単発の仕事が
意外にきゅうきゅうで
殆ど休みがなく
その仕事の合間に、用事を滑り込ませております

でも
ずいぶんのんびり過ごしてしまったのだし
忙しく過ごすべきだよ 私

そして四月には
心晴れやかに花見に臨みたいものです

時間の流れがじれったく感じる時もあったのに
今では
のんびりしようが、せかせかしようが
兎角時間が流れるのです

なら、内容のある毎日でありたいものです


明日はアジカンのライブ!
楽しんでこうと思います
[PR]

by lupuss | 2012-02-25 17:47 | 明日の話